hiyucaマスク


  • instagram
  • twitter
  • facebook
 
  • トップ
  • ブランド別
  • 国内
  • Hiyuca(ヒユカ)
  • ヒユカ Hiyuca ポーチ シェルポーチ レディース メンズ ウェットスーツ生地 アクセサリーケース バッグインバッグ マルチ ブランド 日本 伝統 文様 簡易防水
商品画像
hiyuca(ひゆか)について
東日本大震災をきっかけに出会った地域の企業やデザイナーが力を合わせ石巻からHIYUCAが立ち上がった。ものを作ることデザインすることで石巻を発信しつづけ地域に貢献していきたい。使いやすさや作りの良さにこだわり手にするお客様に笑顔を届けたい。そして製品を通じてお客様と末長いコミュニケーションと信頼関係を築きたい。

ブランド名/HIYUCA

もの語りのあるもの作り。譬喩歌(ひゆか)万葉集で使われ表現様式。心情を直接表現せず、何かにたとえて詠んだ恋の歌。3.11で傷ついた故郷の復活、復興への願いを託し宮城県石巻市から発信するブランドをつくりたいとHIYUCAを立上げました。東日本大震災で被災した石巻、被災者としてではなく良い製品を開発し沸々とブランドが誕生する街として有名になりたい。ロゴマークには日本の祈りの象徴としての折り鶴をモチーフにしました。

商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像
商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像 商品画像

ヒユカ Hiyuca ポーチ /
縁起の良い日本伝統文様を採用、貝殻をイメージしたかわいいポーチ
産まれたばかりの子供の写真、初めて立った日、幼稚園の入園式、、、、。
人生の大切な瞬間が記録された思い出の詰まったiPhone、メモリーやハードディスクを衝撃から守ってくれる心強い味方。

国内トップシェアを誇るウェットスーツの街、宮城県石巻市。
この街の漁師向け潜水服を起源とし大自然を相手にするダイバーの命を守る為、半世紀に渡り進化し続ける技術を応用。
突然の雷雨や多少の衝撃でバッグの中の大切なメモリーやデジタル機器が壊れないように。
ウェットスーツに使用される素材が持つ特有のクッション性と耐水性に着目し製作しました。

この製品の企画についてウェットスーツの製造に職人人生をささげて数十年。
この道を極めた業界屈指の職人、ファンクリエーションの社長に想いをゆだね全てを託しました。

適度なクッション性。簡易防水(バックinバックでの使用を想定)。
海の貝殻をイメージした丸みを帯びた美しいフォルム。縁起が良く見た目にも美しい日本伝統文様。

一つの答えがこの製品です。

コンパクトカメラやレンズ、メモリーやバッテリー、ACアダプターなどを小分けにしたり、
お化粧道具を一まとめにしたりと使い方はあなた次第で広がります。
縁起が良く見た目にも美しい日本伝統文様のポーチは贈り物にも最適です。

【唐草(からくさ)】
唐草模様はギリシア神殿などのつる草がモチーフにされ、シルクロード経由で日本へ渡っ てきたのが由来だと言われています。日本では、奈良時代に渡来した様式から、次第に和 様式となったものが好まれるようになり、縁起が良く、当時の技術で製作しやすい柄だっ たことから、江戸時代に庶民に広まり使われるようになりました。
印刷された全面へと伸びてゆく蔦の模様は、延命や長寿を表し、子孫繁栄にもつながると されています。

【麻の葉(あさのは)】
麻の葉の形を文様化。麻は生命力が強く、手を掛けなくてもまっすぐに大きく育つことから、 成長の祈りをこめて赤ちゃんや子どもの着物に多用された。
また、麻の葉模様には邪気をはらう力があると言われています。平安時代には仏教の尊像 の衣服の図柄に使われており、次第に普及し、江戸時代には着物の流行の図柄となった。

【青海波(せいがいは)】
大海原の波を扇形にパターン化。雅楽「青海波」が名前の由来とされ、青海波を舞う人は この文様の衣装を身に付ける。「源氏物語」には、光源氏が青海波を舞う場面が描かれてい る。どこまでも続く大海原をイメージさせる幾何学模様で、繰り返す穏やかな波のように「平 穏で幸せな暮らしがいつまでも続く」という意味のある吉祥文様の一つです。
加えて扇そのものの形も「末広がり」の縁起物であり、水には厄除けの意味や、海の恵み などの意味合いも含んでいます。

【七宝(しっぽう)】
七宝(しっぽう)柄の意味とは 円形が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満、調和、ご縁な どの願いが込められた縁起の良い柄です。 また人の御縁や繋がりは、七宝と同等の価値があ る事を示している柄でもあります。
七宝とは、仏教用語(無量寿経)で述べられている「金、銀、水晶、瑠璃(るり)、瑪瑙(め のう)、珊瑚(さんご)、しゃこ」の七つの宝を指します。
この文様を上下左右に規則正しく連続させたものが「七宝つなぎ」と呼ばれます。

【市松(いちまつ)】
市松模様は、古墳時代の埴輪の服装や法隆寺・正倉院の染織品にも見られ、古代より織模 様として存在していた。公家の有職故実では石畳・霰(あられ)などと称されていた。そ のため、家紋や名物裂など江戸時代以前から存在するものは石畳文様と呼ばれる。
江戸中期の歌舞伎俳優の佐野川市松がこの文様の袴を愛用したことから「市松」の名がつ き着物の柄として流行した。。英語では主に「チェッカー盤柄」を意味する語で呼ばれる。

※簡易防水になります。素材自体には防水性はありますがファスナーや縫い目からの浸水は避ける事ができません。
素材の性質上、ある程度のクッション性はございますが強い衝撃には十分にご注意ください。

【特徴】縁起の良い日本伝統文様を採用、貝殻をイメージしたかわいいフォルム、素材の適度なクッション性 【サイズ】高さ:約11cm×幅:約18.5cm×奥行き:約8.5cm 【素材】ウェットスーツ生地 【ブランド名】ヒユカ hiyuca 【商品名】シェルポーチ 【カラーバリエーション】唐草、麻の葉、青海波、七宝、市松 【生産国】日本製(宮城県石巻市)/made in JAPAN 【対象】レディース、メンズ、ユニセックス、女性、男性、男女兼用 【商品分類】ポーチ、アクセサリーケース、小物入れ、化粧ポーチ、バッグインバッグ、マルチケース、マルチポーチ、筆入れ、ペンケース 【シーン】カジュアル、ビジネス、贈り物、ギフト、プチギフト、お祝い、プレゼント

ヒユカ Hiyuca ポーチ シェルポーチ レディース メンズ ウェットスーツ生地 アクセサリーケース バッグインバッグ マルチ ブランド 日本 伝統 文様 簡易防水

3,850
hiyuca-acc07

+ −